会社連絡なしのカードローンはフリーターにも貸すのか

フリーターでも貸してくれるカードローンは有るのか

フリーターとはアルバイトなどできちんとした定職を持たない人の事を指します。収入が安定していない人の事を指しますが、このような人に対しては以前はなかなか銀行はお金を貸してくれないものでした。しかし最近ではある程度の安定した収入があれば、カードローンの契約が出来る所が増えています。特に源泉徴収など一定額以上の年間所得が有る場合には比較的簡単に契約できることも多く、実際にお金を借りることができます。
また、最近では会社連絡なしのカードローンも増えているため、契約の時点で勤務している会社の社員証や勤めていることを証明できるものが有れば会社連絡なしでも問題がないところも少なく有りません。そのため以前に比べ借りやすくなっていると言えるでしょう。

会社連絡なしのカードローンは本当にあるのか

審査の際に在籍確認の会社に連絡をするという事は従来であれば多くのカードローン会社が行っていました。これは実際には勤めていない会社の名前を語ってお金を借りようとする人が多い為です。しかし、最近では携帯電話の普及により本人と比較的簡単に連絡がとれること、また多くの人が在籍確認で会社に連絡をされることを嫌っていることから顧客が獲得できないということからこの方法を行わない金融機関が増えています。その為、会社連絡なしを明言して顧客獲得数を増やそうとしているところもあります。
その為、収入を証明するものが有れば審査を通過できる場合も少なく有りません。その為、一定の収入が有れば勤め先に連絡しなくても融資してくれることが多いのです。

フリーランスの借入れの場合は会社連絡なしになっています

フリーランスの借入の難しさ

銀行系にしろ消費者金融にしろ、借入れの申し込みでは通常の場合、勤務先に対して連絡をとります。無論、借金の確認のためではなく在籍確認のためであり、呼び出してもらうだけのものです。したがって、ここで不在にしているなどの回答が得られればそれだけで事は済みます。この会社連絡なしのケースがあり得るのがフリーランスです。そもそも個別の契約を結ぶことはあっても、それ以上のことはありませんので、そこから定期的な収入をもらっているわけではありません。雇用契約ではなくむしろ委託契約の締結にて仕事の請負をしているものですから、会社連絡なしで対応をせざるを得ません。その分だけ信用性が会社員等よりは落ちるものです。

会社連絡なしでも借りられるとき

借入れの申し込みでは、銀行系の借入の場合は条件が厳しいことがあります。しかしながら、消費者金融であれば、比較的ルールが緩くなることから、借入れ自体は審査が通りやすいのが特徴です。ただし、この場合において限度額つまり借入が出来る限度はかなり厳しいものがあり、その分だけ審査が厳しくなることがあります。消費者金融及びクレジットカードの現金借入額の枠それ自体が総量規制の対象です。すなわち、年収の3分の1を超える額以上には出来ないというわけです。また、毎年において年収の証明の提出を求められます。具体的には住民税額の証明であったり、あるいは源泉徴収票等でも対応をしていることがある模様です。