フリーランスの借入の難しさ

銀行系にしろ消費者金融にしろ、借入れの申し込みでは通常の場合、勤務先に対して連絡をとります。無論、借金の確認のためではなく在籍確認のためであり、呼び出してもらうだけのものです。したがって、ここで不在にしているなどの回答が得られればそれだけで事は済みます。この会社連絡なしのケースがあり得るのがフリーランスです。そもそも個別の契約を結ぶことはあっても、それ以上のことはありませんので、そこから定期的な収入をもらっているわけではありません。雇用契約ではなくむしろ委託契約の締結にて仕事の請負をしているものですから、会社連絡なしで対応をせざるを得ません。その分だけ信用性が会社員等よりは落ちるものです。

会社連絡なしでも借りられるとき

借入れの申し込みでは、銀行系の借入の場合は条件が厳しいことがあります。しかしながら、消費者金融であれば、比較的ルールが緩くなることから、借入れ自体は審査が通りやすいのが特徴です。ただし、この場合において限度額つまり借入が出来る限度はかなり厳しいものがあり、その分だけ審査が厳しくなることがあります。消費者金融及びクレジットカードの現金借入額の枠それ自体が総量規制の対象です。すなわち、年収の3分の1を超える額以上には出来ないというわけです。また、毎年において年収の証明の提出を求められます。具体的には住民税額の証明であったり、あるいは源泉徴収票等でも対応をしていることがある模様です。